格安な結婚式でも十分満喫することが可能!

花嫁

忘れずに準備を

贈り物

相場とおすすめの品

結婚祝いをいただいたら、きちんとお返しを準備しなければなりません。多くの場合は金銭でいただくことになりますが、モノなどでいただくこともあるでしょう。いずれにしても、お返しするときの正しい相場観と費用について知っておき、適切なモノを贈るようにしたいものです。結婚祝いのお返しは、近年では結婚内祝いといいます。本来の意味とは違いますが、近年はこの意味で使われるのがほとんどです。結婚祝いのお返しは、いただいたモノの半額から三分の一程度の金額が相場といわれています。なるべく半額を目安にお返しするべきですが、あまりに高額な場合や、目上の方からの結婚祝いの場合は三分の一程度でもかまわないとされています。親族の間で取り決めがあることも多いので、一度両親に尋ねておくのもよいでしょう。結婚祝いのお返しをおくるときは、結びきりの水引がついた熨斗をつけるのが一般的です。蝶結びの水引は何度あってもよいお祝い事に使うもので、結婚内祝いにはふさわしくないので注意しましょう。結婚内祝いという言葉を上段に書き、下段には新郎新婦の名前を書きます。品物としては、消耗品がふさわしいと言われています。相手の好みがわかれば、食器など形に残るものでもかまいませんが、基本的には食品や洗剤、タオルなどの消耗品がおすすめです。結婚祝いのお返しは何度ももらうことがあるため、消費できるものの方がよいためです。好みがわからないときはカタログギフトという手もあります。ただ、年配の方には品物の方が喜ばれる傾向にあります。